トレハロースはどんな食べ物に入れることをおすすめする?

ぶどうを食べる子ども

市販の食品をはじめ、化粧品や医薬品など、幅広いジャンルで活躍する天然の糖「トレハロース」。

なかでも食品業界での活躍が目立ち、「食べ物の品質を保ってくれる」「料理がさらに美味しくなる」ということで、プロの料理人からも重宝されています。

そんなトレハロースを、実際にご家庭で使うことはもちろん可能。

そこで今回は、トレハロースの活用法についてお話していきます!いつもの料理をさらに美味しくするためにも、ぜひ今回の記事を役立ててくださいね。

トレハロースの安全性や危険性は?

ご飯、パン、パスタとの相性は抜群!

スーパーマーケットやコンビニエンスストアでお弁当やおにぎりを買ったとき、何時間も店頭に置かれているのにふっくらとした食感がありますよね。これにはトレハロースの力が働いています。トレハロースが持つ保水力をとりいれることで、長い時間美味しさを保てるようになっているのです。

これをご家庭で使ってみると、ご飯やパスタがもっと美味しくなります。

いつものご飯がふっくらと

お米の量に対してトレハロースを2%入れてみましょう。このときには水の量を5%増やします。ご飯の柔らかさともちもちした食感が保たれ、時間がたっても美味しく食べられるようになります!

また、時間がたつと固くなってしまう酢飯にもトレハロースが活躍!炊くときにお米に対して2%のトレハロースを入れれば、冷凍・冷蔵しても美味しさが保たれます。

パスタやうどんがもちもちに!

トレハロースは麺類にも使えます。

茹で水に対してトレハロースを0.5%入れると麺がのびにくくなり、時間をそれほど気にせずに食べられるようになるので、ぜひおすすめです。

また生パスタにも使えるとのことで、粉に対して1%のトレハロースを入れると、もちもち感がアップされてレストランのような仕上がりになります。

トレハロースを初めてご家庭で使うなら、まずはご飯やパスタから試してみるのがおすすめです。

いつものサラダをさらに美味しく!野菜

酵素ブームの影響を受けてか、最近では野菜や果物を積極的にとりいれる方が増えてきています。そんななか食べている野菜がしなびてしまっては何だかがっかりしてしまいますよね。

そこで「時間がたっても野菜を新鮮なままで食べたい!」という方には、ぜひトレハロースがおすすめです。

野菜がシャキッと美味しくなります

例えば干しシイタケを水につけると、あれだけ乾いていたのにふっくら感を取り戻します。シイタケにはもともとトレハロースが含まれていて、水に代わって細胞を守っているからといわれています。この仕組みを野菜に応用すると、時間がたっても野菜を新鮮なままで食べられます。

野菜の重さに対して3%のトレハロースを水に溶かし、30分間つけておきます。これでシャキシャキ感が保たれ、新鮮なままの野菜が食べられるようになります!本来の美味しさも引き出され、野菜を食べることがさらに楽しくなりそうですね。

果物の鮮度をキープ

野菜が美味しくなるのなら、果物だって同じこと。こちらでは果物の重さに対して10~15パーセントのトレハロース水溶液を作り、野菜と同じように30分間つけておきましょう。時間がたつと変色してしまう果物も、トレハロース水溶液で鮮やかさと美味しさを保てるようになります。

美味しい野菜と果物を美味しいままに楽しみ、さらにヘルシーな生活を送っていけそうですね!

いつもの味をワンランクアップ!ソースに足してみよう

「レストランで食べるようなトマトソースを作ってみたい!」という方には、ソースにトレハロースを入れるのがおすすめ。トマトの風味が鮮やかになり、口当たりも柔らかいソースが仕上がります。

すべての材料の重量に対してトレハロースを1.5%加えてみましょう。美味しさも見た目も抜群なトマトソースができあがり、パスタやハンバーグなどがワンランクアップ!

意外だけれど美味しい!魚や肉にも合うトレハロース

ここまでお米やパスタ、野菜などへのトレハロース活用法をお話してきましたが、トレハロースの力はそれだけにとどまらず、魚や肉にも使えます。

魚や肉にありがちな臭みをとったり、ぱさつくのを防いでくれたりと、幅広く活躍します。トレハロースを日本に広めた「林原」やレシピ投稿サイトにたくさんレシピがのっているので、ぜひお好きな料理で試してみましょう。

お惣菜もトレハロースでおいしくなる?

これだけ多くの食品を美味しくするトレハロースは、もちろんお惣菜の味もぐんと高めてくれます。実際に揚げ物や卵焼きなどに入れて楽しむ方も多いのだとか。

揚げ物も卵焼きも、ご家庭で幅広く愛されるお惣菜だからこそ、ぜひとりいれていきたいものですよね!

以上、トレハロースのおすすめの活用法についてご紹介しました。お好きなものや試しやすいものから始めて、だんだんと応用させていくのもいいですね。トレハロースの力でいつもの料理をもっと美味しく、そして楽しいものにしていきましょう!

トレハロースの用途や成分、期待できる効果は?活用方法まで解説!